「とやま健康経営シンポジウム2018」に登壇

更新日:2019年2月11日

12月14日に富山県富山市で行われた「とやま健康経営シンポジウム2018」に登壇しました。


本シンポジウムは富山県の「健康経営」のさらなる普及を図るため、全国健康保険協会富山支部と健康保険組合連合会富山連合会の共催で開催され、約80の企業や団体から、経営層や従業員の健康づくり事業を担う担当者など、およそ150人が参加しました。


山本からは、「やってみる!健康経営」と題して、企業が従業員の健康づくりに積極的に関わることの重要性について、経営面でのメリットを交えながらお話しをさせていただきました。


当日の様子は、富山県の健康経営に関する取り組みの一環として、NHK 富山 NEWS WEBでも紹介されています。


◆富山県 公式Webサイト

とやま健康経営シンポジウム2018の開催について

◆NHK 富山 NEWS WEB

とやま”健康経営”シンポジウム(2018.12.14配信)

最新記事

すべて表示

2021年12月02日(木)「Healthtech/SUM 2021」に登壇しました。 「Healthtech/SUM 2021」は、株式会社日本経済新聞社とメドピア株式会社が共同開催する、医療・ヘルスケア分野における最新テクノロジー(ヘルステック)とそれを活用した先進事例を紹介するグローバルカンファレンスです。 今年のテーマは、「Ahead to the Center ~テクノロジーと共に「本質

2020年7月24日、「東洋経済オンライン」に参議院自民党幹事長・世耕弘成氏との対談が掲載されました。 今回の対談は、世耕弘成参院幹事長、加藤勝信厚生労働大臣が顧問を務める議連「明るい社会保障改革推進議員連盟」に山本がアドバイザーとして参画する中で実現しました。 「明るい社会保障改革推進議員連盟」は、病気の予防や健康づくりについて、国民の健康増進、社会保障の担い手の増加、そして予防や健康づくりの分

12月10日(火)「HIMSS & Health 2.0 Japan 2019」に登壇しました。 「HIMSS & Health 2.0 Japan 2019」は、メドピア株式会社と株式会社日本経済新聞社が、世界最大の医療ITカンファレンスを主催するNPOである「HIMSS」と共同で実施するヘルステックカンファレンスです。 今年のテーマは、「Maximize the Value」。医療・ヘルスケア