©Yuji Yamamoto

「週刊社会保障」新春特別号に対談が掲載

最終更新: 2019年2月11日

1月7日発行の「週刊社会保障」新春特別号(No.3004)に健康保険組合連合会理事 棟重 卓三氏との対談が掲載されました。

「予防健康づくりの新時代」と題して、超高齢化社会を展望した予防・健康づくり施策のあり方や保険者に求められる役割について、健康保険組合連合会理事 棟重 卓三氏、進行役として週刊社会保障の主幹を務める、東島俊一氏(株式会社法研 代表取締役社長)とお話しをさせていただきました。

2018年度からデータヘルス計画の第2期、特定健診・特定保健指導の第3期がスタートし、健康経営優良法人制度などによって健康経営への関心が高まる中、ヘルスケア業界の再編や役割の転換による変化をどのように受け止め、今後の社会保障をどのようにマネジメントしていくのか、医療業界に関わるさまざまなプレイヤーの視点を交えて議論を深めていきました。

週刊社会保障 週刊社会保障 2019年1月7日号 新春特大号

新春対談 加入者への健康支援で生涯現役社会を後押し ―予防・健康づくりの新時代― ○棟重卓三氏 健康保険組合連合会 理事 ○山本雄士氏 産業構造審議会 2050経済社会構造部会委員