HIMSS & Health 2.0 Japan 2019に登壇

最終更新: 2019年12月30日

12月10日(火)「HIMSS & Health 2.0 Japan 2019」に登壇しました。


「HIMSS & Health 2.0 Japan 2019」は、メドピア株式会社と株式会社日本経済新聞社が、世界最大の医療ITカンファレンスを主催するNPOである「HIMSS」と共同で実施するヘルステックカンファレンスです。


今年のテーマは、「Maximize the Value」。医療・ヘルスケアにおけるデータが価値を創造し始め、結果を最大化する"Value-Based"なヘルステックが実現し始める中、日本では今後、どのようにデータから価値を最大化していくのかといった視点で、多数のプログラムが開催されました。


山本は、「健康経営を斬る!」と題して、医療法人同友会 産業保健部門 産業医 大室 正志氏、株式会社ラッシュジャパン 人事部長 安田 雅彦氏と共に登壇しました。



HIMSS & Health 2.0 Japan 2019

2019年12月9日(月)  9:00~17:30(開場 8:30) 

2019年12月10日(火)  9:00~18:30(開場 8:30)

【会場A】日本橋三井ホール 東京都中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町1 5F(エントランス4F)

【会場B】室町三井ホール&カンファレンス 東京都中央区日本橋室町3-2-1 日本橋室町三井タワー 3階

主  催

HIMSS、メドピア、日本経済新聞社

最新記事

すべて表示

第68回東日本整形災害外科学会で講演

2019年9月5日~9月6日の2日間、専門医資格取得前後の若手整形外科医が、症例報告を超えた臨床研究の成果を発表する場である「東日本整形災害外科学会」が開催され、多くの講演やセミナーが行われました。 山本は「若手医師が知っておくべき医療戦略」と題して講演を行いました。 第68回東日本整形災害外科学会 9月5日(木)~6日(金)東京ドームホテルにて 当日のプログラムはこちらからご覧いただけます。

G20 保健大臣会合のプロモーションビデオに出演

2019年10月19日~20日に開催される、G20 保健大臣会合のプロモーションビデオに代表の山本が出演しました。 本会合は、G20各国の保健担当大臣が国際的な健康危機への対応など、国際保健に関する各種課題について議論する場として、2017年から開催されている国際会議です。 2017年5月にドイツ・ベルリンで第1回、2018年10月にアルゼンチン・マルデルプラタで第2回が開催されました。 今年、日

倉敷中央病院付属予防医療プラザ 落成式で講演

5月18日、高度な臨床医学と最新の予防医学を統合した予防医療を実践する「倉敷中央病院付属予防医療プラザ」の落成式で、「健康に投資する医療」と題して講演を行いました。 また前日の5月17日には倉敷中央病院の医療スタッフの皆さまに向けて、保健医療のポテンシャルをどう最大化するか、医療機関の新たな戦略をどうとらえるかをお話させていただきました。 関連記事 予防医療プラザ落成式を執り行いました 倉敷中央病

©Yuji Yamamoto