PROFILE

 

1974年札幌市生まれ。1999年東京大学医学部を卒業後、同付属病院、都立病院などで循環器内科、救急医療などに従事。2007年Harvard Business School修了。日本内科学会認定内科医、日本医師会認定産業医。

現在、株式会社ミナケア代表取締役社長。 慶應義塾大学非常勤講師などを兼務。

また、教育活動として山本雄士ゼミを主宰。

これまで、ソニーコンピュータサイエンス研究所非常勤研究員、厚生労働省保健医療2035推進参与、慶應義塾大学クリニカルリサーチセンター客員准教授、内閣官房医療イノベーション推進室 企画調査官などを歴任。2014年日本起業家賞受賞。ヘルスケア全体のシステムマネジメントを中心に、政策提言や講演活動を国内外で行う。

共著書に「投資型医療 医療費で国が潰れる前に」 (ディスカヴァー携書)、「僕らが元気で長く生きるのに本当はそんなにお金はかからない」(ディスカヴァートゥエンティワン)、「病院経営のしくみ」(日本医療企画)、訳書に「医療戦略の本質」(マイケル・E・ポーターら、日経BP社)、「医療イノベーションの本質」(クレイトン・M・クリステンセンら、碩学舎)、「奇跡は起こせる」(ジョン・クラウリー著、宝島社)などがある。

Experiences

​「医療からヘルスケアへ」の真の医療改革を実現するため、主に以下のフィールドで活動を行っています。

Business

2011‐現在 株式会社ミナケア 代表取締役社長

2016-現在  株式会社丸井グループ アドバイザリーボードメンバー 

2012‐2019 ソニーコンピューターサイエンス研究所 非常勤研究員

​2009‐2011 株式会社キャピタルメディカ 最高医療責任者

​2007‐2008 ヘルスケア・コミッティー株式会社 最高医療責任者

​Education

2011‐現在 山本雄士ゼミ 主宰

2017‐現在 慶応義塾大学 政策・メディア研究科 非常勤講師

​2008‐2013 慶応義塾大学クリニカルリサーチセンター 客員准教授

​2009‐2011 ノバルティス バイオキャンプ ファシリテーター

Government

2015‐現在 日本健康会議健康経営500社WG 委員

​2015‐現在 日本健康会議中小1万社健康宣言WG 委員

2015-2020 厚生労働省保健医療2035 推進参与

​2012‐2013 内閣官房医療イノベーション推進室 企画調査官

Othes

2010‐現在 21世紀医療フォーラム 代表世話人

2014-2016 理化学研究所 予防医療プログラム アドバイザリー・カウンシル委員

​2012‐2017 RISTEX 社会技術研究開発センター - 科学技術振興機構 アドバイザー

2007‐2012 独立行政法人科学技術振興機構 研究開発戦略センター  フェロー 

2011‐2012 公益財団法人日本医療機能評価機構 客員研究員

山本雄士ゼミ

Harvard Business Schoolのケーススタディーで医療・ビジネスについて議論する山本雄士ゼミは年11回開催。​学生から社会人まで、幅広い年代の方にご参加いただいています。

©Yuji Yamamoto